XMの 使い方

田植え                                 photograph:湯小米

こんにちは。

田植えシーズンですね。
田植えは日本各地で多少時期が異なりますが、
北陸はゴールデンウィーク前後です。

夫が農家の次男なので、去年は田植えの手伝いに行ったんですが、
今年は車が壊れていて参加できませんでした。
お隣の県なので・・・。

さて今日は、海外口座 XM の上手な利用法について書こうと思います。
宣伝を兼ねてですが  (^^ゞ



「まーた XMなの?今は他にも良い会社が・・・」
と思われる方も多いでしょうし、
XM社は日本国内で相当普及率が高いので、バナーも見飽きたという方も多いでしょう。

ですが、ちょっと待ってください。
あなたはXMを、最大限に活用していますか?

夫が考案した方法ですが、最近私はXMをとても有効活用しています。

まず、一番の考え方としては、
海外口座は、増やして出す出す ということです。

よく、「FXで追加入金するのはダメな人。」 ということが
言われます。
私も言われたことがあります。

でも、そうでしょうか?

手順としては、自分の投資額に応じて、貯まったら出金する額を決めます。
それは人によって1万円だったり、2万円だったり、
5万、10万、50万円の人もいるかもしれません。

とにかく、それだけ増えたら即出金です!

XMは入出金の手数料を持ってくれる会社です。
これを利用しない手はありません。
そうやってこまこま出金して、とにかくまず元手分は確保しましょう。

そこから先はすべて純粋な利益になります。

資金が増えたら、投資できるロット数も多くなるから、
それだけ複利で増えていくから、
出金してしまったらもったいないでねーかと思う方もいらっしゃると思いますが、
私の経験上、口座にお金がよぶんに入っていると、
かえってお金を減らしやすいのです。
どんどん高ロットにしていって、上手に増やせる人は問題ありませんが、
高ロットにすると、減る金額も大きくなるのを忘れないでください。

そうしてせこせこ出金していくほうが、お金は増えます。
私の場合ですが、以前は、ある程度増えてから出金しようと考えていたら、
なかなか貯められないうちに増えたり減ったりしたのです。
その頃よりも、せこせこ出金作戦の今のほうが、資金は増えています。

そして、いつも一定額の金額を決めて元手としてキープしておくわけですが、
不幸にして減らしてしまった場合は、私は入金しています。
ダメな人って言われたやつですね。




ところが、XMの場合、ただ入金するだけで、
その度に20パーセントの入金ボーナスがつくのです。
1~2ヶ月に1回は、100パーセントボーナスもあります(金額制限あり)。

このボーナス、リアルのお金としては引き出せませんが、
トレードには使えます。

極端な話、口座残高1000円になってしまっても、
その時点でボーナスが1万円あれば、
元手11000円として、売買することができるんです。

ただ、ひとつ注意しなければならない点があります。
ボーナスは永遠にあるわけではありません。
少しでも出金すると、消えます。
ですが、これから話す↓トレードのポイントとしてのボーナスが、
どんどん貯まっていきますから、
入金ボーナスが消えても、あまり気になったことはありません。

この前知り合いのトレーダーさんと話していたら、
彼は気が付いていなかったんですが、

皆さん、XMの自分のページはマメにチェックされていますか?

XM見本

こういうものを、あまり気にしない人もいますが、もったいないです。
XMのサイトの自分のアカウントに入ったら、
マイ・ロイヤルティ・ステータスというところを開いてみてください。

私の金額は消してありますが、
実際には「数字」と書かれているところにXMポイントが、
金額と書かれているところに金額が書かれています。

これは何かと言うと、
トレードすることによって発生するボーナス と考えてください。

これは換金はできないんですが、トレード資金として口座に振り替えることができて、
なおかつ右側の同等の現金報酬価値のほうは、
リアルマネーとして、口座に追加することができます。
ですが、こちらは引き出せないボーナスに比べると、
極端に少ない金額ですので、
引き出せないボーナスを利用するほうが、価値があると思います。

そして、このボーナスを使って増やしたお金は、
ちゃんとリアルマネーの残高に足されていきます。


つまり、腕に自信のある人なら、
ボーナスのほうが多い状態になっても、資金を増やしていくことができるんです。

追加入金なんですが、このボーナスを使って補てんすれば、
実際にはほとんど(よっぽどドカンしない限り)リアルマネーは
追加しなくてすんでしまいます。

なので私はこれを、XMの打ち出の小槌 と呼んでいます。

このボーナス、トレードすればするだけ、
けっこうな金額がつきます。

なので、口座を開設してトレードを始めてから、
1回もサイトをチェックしてみたことがない人は、たぶんビックリすることと思います。

あと、ダウや日経225のトレードや、
金やオイル(石油)などのCFD取引ができるのも魅力ですよね(*^o^*)

無料で見られるウェビナーもとても面白いです。


週末には、XMを見直してみてくださいね。

口座を持っていない方は、
私のバナーから入っていただくと感謝感激します(←イヤラシイ・・・

口座開設のことなど、わからない点がありましたら、
プロフィールのところに出ているメールアドレス宛てに、お気軽にご質問ください。

宣伝になってしまいましたが、皆さま良い週末をお過ごしください。
明日はまたリィ特集します。

Tag:オススメ海外口座  comment:4 

Comment

GG URL|登録しました!
#- 2015.05.16 Sat17:01
でも・・・ログイン出来無いんだ(T_T)

取り合えず、アフェ報酬はソチラに行くかな?(^^)
リィ URL|ありがとうございます(*^^*)
#Z5GHyyj6 Edit  2015.05.16 Sat19:15
はい、報酬入るので嬉しいです

ログインできない…?
身分証明書の画像の提出を求められるはずなんですが、
終わってます?
初め口座が有効化するまでにちょっと時間かかったかなと思います
それでも一両日中と思いますが、週末だからどうかですよね
 GG URL|おはようございます♪
#- 2015.05.17 Sun06:05
XMから、名前のアルファベット間違ってませんかと
メールが来てました(^^;)

行き成り英語で書けと言われてビビッて間違いを書いて
申し込んだんだけど、後で気が付いて
ログインしてから直せばイイやと思ってたんだけど・・・

あっちから聞き直してきたので、手間が省けました(^^;)
しかし・・・このメインPCはヤフオクで落としたものだから
出品相手は企業相手の下取り業者で(安心)
だから、どこかの会社で使われていたんだろうけど
WinのLiveメールが受け取れるのと受け取れないのがあって
苦労してます(>д<)
リィ URL|おはようございます^^
#Z5GHyyj6 Edit  2015.05.17 Sun10:26
そっか、申込みフォームも英語ですものね。

海外のに慣れていないと最初はビビりますよね。

メール・・・Winメール受け取れるのと受け取れないのがあるのはヘンですね(汗
全部受け取るか、全部拒否ならわかるんですけど・・・
何か特殊な設定でもしてあるんでしょうか。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ニャオ

Author:ニャオ
地味なパート主婦でしたが、安倍政権と会社の戦略に巻き込まれて地域正社員になりました。
しっかり社畜の歯車に嵌めこまれた感満載ですが、凶と出るか吉と出るか。
FXの種銭稼ぎに頑張って働こうと思います。

諸事情あってFXを中断していましたが、2015年秋からトレード再スタートしました。
当初は、夫のぽてみちゅの考案した5分足の法則を使って、夫婦別々にトレードしていましたが、私だけうまくいかないのでやめて、現在は順張りトレンドフォローのライントレードをしています。
FXについては日々悩んでばかりです。

飼い猫(♂)のリィのエピソードも載せています。

ぽてみちゅ FX
SMAを使った 5分足の法則
5分足の法則 成績
2015年 元手6万円
2016年 元手3万円追加
2015年
09月 +1万8018円
10月 -6万4607円
11月   -5680円
12月   -5712円
2016年
01月 +4万4135円
02月 -7万5987円
03月 -3万5812円
成績不良によりこのルールは停止中。
夫は成績良好で継続中。
終了ブログ
終了していますが
参考になるブログです
管理人 旧ブログ
相場記事は古いですが、リィや北陸関係の記事がお読みになれます。
管理人 別ブログ(非FX)
ボヘミアンライフ

プライベートのことなど
お休み中ブログ
更新がないブログです
復活待ってます
おススメ海外口座
圧倒的な資本力の会社      安心のゼロカットシステム
レバレッジ最大 888倍    入金ボーナスでトレードできる 紹介記事はこちら
ご注意
当ブログは個人の記録を主な目的としており特定のFX取引を推奨するものではありません。 取引は、十分な検証のもと、自己責任で行って下さい。当ブログの情報の利用について、管理人は一切の責任を負いません。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: