スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

利上げ決定を 発表したというのに

   2017.11.3 形成途中の日足
2017 11 3 日足

さてさて、昨日は見事に下げましたね。

「噂で買って 真実で売る」 パターンを目の当たりにしました。
月末の上昇に乗れた方は良かったですね^^

しかし何故下げるかなぁ。
発表直後こそ上げそうな素振りでしたが、どんどん下げていきました。
このへんか? と思っていて、なおかつちょうど買いポジの2円下であった149.354の
売りにも刺さってしまい、さらに下げていきました。
朝起きたら両建てでマイナス10万強になっていましたが、とっさに、
{1日に入金してから10万ほど獲っているから、大丈夫だな。}と考える自分は、
FXをやっていて、だんだん心臓に毛が生えてきているようで怖いです。

のんびり家事などをやっていましたら、
夫から電話がかかってきて、
「(売りポジ)利確した?上げてきているよ。」と言われ、
1時間足を見てみたら、ミミズが這っている状態でしたが、
たしかに下落は止まっているようであったので、売りを利確しました。
そのあと入れた、現在の売り指値は148.500 です。
雇用統計で、ポンドは関係ないんですが、つられて動くので、
刺さってしまったらイヤですねえ。

   同 週足
2017 11 3 週足

全体像が見えるように週足にしています。

利上げするのなら上げていくと思うのですが、
まさかもう失速?
このまま下げていくならいくで、
買いは損切りしていかないと仕方ありませんが、
とにかく相場が動いてくれることを願っています。
月末までに何とかすればいいので。
しかしいくら上昇相場とはいえ、買いで獲るのは大変ですね。
何のかんの言って、10万円の利益のうち、7割は売りポジです。
少なくとも、152円台のリミットは遠くなりすぎて、
諦めたほうがいいかもしれません。

さて今夜はどう動きますかね。
日経平均株価の勢いからして、
ドル円もとっくに118円ぐらいつけていてもおかしくないのに、
いつまでも114円台どまりなのも気になります。
スポンサーサイト

Tag:チャートレビュー  comment:4 

さて どうしたものか

   本日まだ形成途中の日足@日本時間20時半
2017 11 1 日足

こんばんは。

利上げ期待からか、
ポンド円、すでに月末から上げてきていますね。
私は出金してしまっていたので、手が出せませんでした。
11月1日になったので、今日また入金したのですが・・・
すでに高値ですねえ。

151.4円台で買ったのですが、さっき激しく動いていた時に、
下げたら困るし・・・と、151.5円台にストップを置いておいたら、
かかってしまいました。
(リミットを152円少し前に置いたうえでのストップ)
1万円獲れましたが・・・。

正式に利上げ発表されたら、1~2円は上にいくだろうと思っているのですが、
これはもしや 「うわさで買って 事実で~」
の不吉なパターンだと困りますね ><

まあ、買うにしろ、少し下げて押し目をつけてくれたところで
買いたいです。
ドル円がグダグダしながら114円台突破していますし、
今夜中~明日午前中に、押し目買いのチャンスがあるかどうかは
神のみぞ知る、です。
このまま上に行っちゃう可能性もありますしね。

追記:さて 0時過ぎ

2017 11 1 24前

それで、落ちていかないかなと監視していましたら、
23時台に落ちはじめましたので、
つい売りで50pipsほど獲ってしまいました。

ちょうどいい押し目をつけたかなと思い、
買いサインも出たところで、買ったところです@151.354
宵の口にビビリで獲った位置より少し下なのでまあいいかと。
まだ下げるかもしれませんけどね。
下ヒゲより下に売りストップを入れて寝ようと思います。
これ刺さってしまったら面倒ですけどね。
放置しておくわけにもいきません。

お金がなかった私と逆に、
夫は月末にうまいこと獲ったので高いびきで寝ています (-_-;)

Tag:チャートレビュー  comment:0 

イギリス利上げ くるか

   今週末のドル円 日足 遠景
2017 10 27 ドル円

こんばんは。
昨日記事をアップすると言っておきながら、急に出かける用事ができて書けなくなりました。
ひえぇ~ 申し訳ありません。
いや、お酒は呑んでいませんよ。

最近のドル円なんですが、見ていて本当にイライラしますね。
もうずいぶん前から、日経平均株価とドル円の動きが連動していない現象が
指摘されていますが、今回も、株価は爆上げしているのに、
ドル円はさっぱり です。

俯瞰で見たレンジ上限の115円台半ば(上の黄色のライン)どころか、
114円台半ばを超えそうになっては失速する有様です。
長い目で見て、相場は上昇に転換したと考えているので、
私は落ちたら買っているのですが、
それでもそのまま下げていくと含み損が増えてくるのでイヤですね。
含み損が増えたまま、反発を待って何とか獲るということを繰り返しています。
いらっとくるので、ドル円はあまりやっていないです。

   同 拡大足
2017 10 27 ドル円2

そうして今また、最近のレンジ上限(上のチャートのグリーンのライン)までやってきました。
もう、いい加減ブレイクして超えていけば? と思うのですが、
115円台半ばを突破していかない限り、ブレイクですらないんですよね。
当然今はノーポジションです。
下げたらまた買ってもいいんですが、考えます。
107円を下抜けしていったら、下落に加速がつきますが、
この前も107円台で止まりましたし、
もうそうそう落ちないんじゃないでしょうか。
でも個人的に売りはもうあまりやりたくありません。

   2017.10.27 ポンド円 日足
2017 10 27

それよりも、今 注目はポンドでしょう。

どちらかと言うとファンダメンタルズになってしまいますが、
いよいよイギリスが約10年ぶりに利上げをしそうな気配です。

カーニー氏の、「近いうちに上げなきゃ・・。」というような発言(先月)もありますし、
HSBCホールディングスの読み(予測)によりますと、
2017年11月と2018年5月の2回にわたって利上げがあるのではないか?とのこと。

これは久々のチャンスなのではないでしょうか。
もちろん、11月に上げるという保証はないのですが、
私は月末で出金してしまったあとですが、
11月1日にまた入金して、
ポンド円を買って、その時点での1円上にリミットを入れておこうと考えています。
レバレッジ規制がなければ、ですが。
でも、今回は「衆議院議員選挙が~」とか「国民投票が~」とかいう、
こじつける理由がないので、FX会社も規制しにくいんじゃないかなと思っています。

ただ、ポンドのことですから、それまでダラダラ下げたりする可能性もありますね。
(前回下げの147円あたりか?)
反対に、「利上げがなかった!」っていうことになったら、
失望で下げると思われますので、始末が大変になります (;・∀・)
しかも、大丈夫!と思った時に限ってそうなりがち(大汗

まあ、わからないです。
結局レバレッジ規制で何もできなかった衆議院議員選挙ですが、
ドル円は思ったより上げませんでしたから。
とにかく私はそういう作戦でいきます。

※投資は自己責任でお願いします。

世界ネコ歩き

世界ネコ歩き 劇場版 を観てきました。

面白かったのですが、本当にネコが好きな人じゃないと退屈でしょうね。
なにしろ、本当にネコが主役なので。

岩合さんは、基本的に野良ネコばかりを撮っておられますね。
映画(ドキュメンタリーですが)の、主役のネコ一家にしても、
一応りんご農家で飼われているようであり、
出産にも納屋を使わせてもらっていますが、
人間が介在している気配は薄いです。
基本外飼いで、知らない間にどこかへ行ってしまうネコも多いです。
農家も、ネコを飼うことが趣味と実益を兼ねているフシがあり、
リンゴを狙って発生するネズミ退治がネコたちの仕事です。

外で狩りをしてたくましく育ったネコは、
3年もすると貫録のある風貌になります。

リィ 2017 10 29

リィは映画に出てきたオスネコとたぶん同い年なんですが・・・
帰って来てリィを見ると、ずいぶん幼く見えてしまいました。
家で飼われているネコは、いつまでも子ネコみたいな性格だと言われますが、
そうかもしれないなあ~と思いました。
人に抱きつくことと、遊んでもらうことしか考えていないネコと、
食料を確保することを考えているネコとでは、ずいぶん環境が違いますね。

Tag:チャートレビュー  comment:0 

さあ! 本格秋相場到来!

   2017.9.16 終了時 ポンド円日足
2017 9 15 日足

こんにちは。

去年も、9月になってから相場が大きく動き始めましたが、
今年もやはり9月からですね。
よく言われるように、夏の間は小動きってことです・・・。

私の場合は、やはりトレンドが強く出ている時のほうがトレードしやすいです。
来年から、夏の間はトレードを休もうかなと思います。

今週から上昇相場に入ったようだというのは、
前回の記事に書いた通りですが、
昨日はついに大ブレイクを果たしました。

昨日の朝、北のミサイル発射でどーんと値が下がりましたが、
また上昇していくだろうと予測していました。
相場はもう 上昇期に入ったと思われます。
ですが・・・ドル円についてはそう思っていたのですが、
正直言って、ポンド円は148円台が天井だろう と、
タカをくくっていました。
ポンド円はさんざん天井の148円にぶち当たってきましたから、
ここを超えたらすごいだろうけど、また落ちるのでは・・・とも思っていました。
ところが、夕方仕事帰りにクルマの中で信号停止中にチャートを見たら、
5分足チャートのローソク足が、上げ気配でビクビク動いていました。

「あー 買いたい~!」と思ったのですが、
運転中なのでポジションを入れることができませんでした。
家の駐車場に着いてから見たら、すでに上昇を始めていました。
「あら~。」と思いましたが、
ポンド円はいったん勢いがつくとすごいですので、
その時点で買いを入れました。
それから含み損(両建て)の始末にかかり、
夜、トレードを終了した時には、含み損はすべて解消し、
今週の利益は+64,987円で終えることができました。

がんがん稼いでいるトレーダーさんからしたらショボい数字でしょうが、
何よりも、含み損が全部消えたことがものすごく嬉しいです ヽ(´ー`)ノ
私がトラリピをやめて、アービトラージ的なことも苦手なのも、
含み損を抱えているのがイヤな性格だからです。

とは言うものの、リスク回避のためにどうしても逆指値は必要になってきます。
もし刺さってしまったら、
それはうまいこと損切りしていかないと仕方ありません。

   2017.9.16 終了時 ドル円 日足
2017 9 15 ドル円日足

ドル円もブレイクしましたが、そこは基軸通貨のドルですから、
もうちょっと動きがマイルドですね。
今週、再び110円台に乗せたことで、いったん足踏みするだろうと思っていましたが、
しばらく110円ちょうどを挟んでもみ合っていましたね。
しかしいずれ上昇していくと思われましたので、
動き始めてから111円までは案外早く到達したのではないでしょうか。
とは言うものの、

   同 縮小足
2017 9 15 ドル円日足2

もちろん皆さま覚えていらっしゃると思いますが、
ドル円は俯瞰で見て、
まだまだ 115円までのレンジ帯の中 なんですよね。
いずれ118円目指して上方ブレイクしていくと思われますが、
そこはやはりドル円ですので、ポンド円みたいに
1日に5円動いたりはいたしません。
107円台からの回復の勢いは凄かったですけどね。

夏の間は売り作戦できましたが、
さすがに売りはもう危険ですので、
下げたら買い 作戦に変更しようと思います。
週明け下窓を開けたら買いを入れるつもりです。

久しぶりのリィネタです。

リィ 2017 9 16

少し前から鳴き声が聴こえていた ねことご対面です。
お散歩、もといパトロール中だったのでしょうか。
まさに お互い ガン見。

リィ 2017 9 16 2

リィ 2017 9 16 3

夫が目で後を追っていくと、首輪をつけていて、
隣の隣の家の敷地に入って行ったそうです。
そこの家のねことは限りませんが・・・。

どなた様も一週間お疲れさまでした。
良い週末をお過ごしください。

Tag:チャートレビュー  comment:4 

ミセス・ワタナベ vs ヘッジファンド

先日ブロ友のくるりさんから、
「今回のドル円の上昇はヘッジファンドのミセス・ワタナベ潰しだったとか・・・」と聞き、
へえそうなの?と思った私は、色々経済ニュースを調べてみました。

   2015.5.22 ドル円 4時間足
2015 5 22  ドル円4h

そうすると、たしかにあちこちにそのような記事がありました。
私は、「やっぱりブレイクの勢いってすごいな~」と呑気に眺めていましたので、
その時は気が付かなかったのですが、
たしかにこの上昇はチャートの形からするとやや不自然さを感じさせるものでした。

こうして4時間足を見るとただの急上昇に見えてしまって、
あまり細かいことがわかりませんね。
ただ、上にも下にもほとんどヒゲが出ていないことはわかります。

   同 1時間足
2015 5 22 ドル円1h

それで、1時間足を見てみます。
この足の開始時が120.923で、安値が120.837。
たしかに、ほとんど値を落とさずに一気に上げていったことがわかります。

これがどうやら、
ミセス・ワタナベ(日本の個人投資家)とヘッジファンドとの死闘の跡らしいのです。

普通は、長い間のレンジをブレイクすると、

レンジブレイク

たとえばレンジを上抜けした場合は、
いったんこういう形になってから再上昇していくことが多いです。
(押し目はぴったりレンジ上限とは限りません。)

2015 5 22 ドル円1h 2

この前の時も、2回、上抜けしかけては戻っています(ピンクの〇)。
それがこの時は、まったく戻しもせずに駆け上がっています。
1円半もの間です。

私と夫は、外出先でタブレットから見ていて、ブレイクの少し前には、実際夫が、
「少し上に売りを逆指値で入れておいて、
同じくらいのところに買いを入れて両建てにしておいたらどうだろう?」と話していたのです。

それは、ギャクバリストのよくやる方法ですが、
私は相場の勢いを見ていて、やめたほうがいい気がして、やりませんでした。
で、買いだけにしておいて助かったんですが、
ポンド円のほうでちょっと売りを入れておいて瞬殺されました(笑)

「なんかすごい勢いだねー。」 と二人で話していたんですが、
こうして改めて見ると、不思議なチャートですね。
スコットランドの住民投票や、イギリス総選挙ではないんです。

聞くところによると、長期のレンジに安心していた個人投資家が、
そこに相当数の売り玉を入れていたらしいです。

相場の勢いってすごいですから、どこかの政治家が、
「1ドル120円くらいがちょうどいい。」と言ったからといって、
相場がその通りになってくれるわけではありません。
(本来は政治家がそのようなことを言ってはいけません。)

   同 月足
2015 6 1 ドル円月足

ここまで、長期で見ると、円高→円安→円高→円安と繰り返されてきていますが、
今後はもう円高に戻ることはないと、個人的には考えています。
特に、もう100円を切ることは二度とないと思います。
(もちろん、調整で多少の上下はあると思います。)

実質賃金が下がり続けて、無理やりの株高による、
見せかけだけの好景気はいつまでも続くとは思えません。
目先のことで言えば消費税アップも近いですし、
少子高齢化・原発事故の未収束と、この国の未来は暗いです。
インフレが起こることはあっても、円高にはならないでしょう。

ところで知り合いでNさんという青年投資家がいます。
私も一度お会いしたことがありますが、夫のほうが親しいです。

その人が、70円台のドル円を買ってまだ保有しています。
彼がその当時に夫に話したことが、
150円になるまで持っとく。大体5年くらいでいくでしょう。」と
いうことだったそうです。
「(ドル円)50円までいくんじゃない?」なんて話していた人がいたような時期にです。
大変な慧眼だと思います。

ちなみにNさんは、8円台のアフリカランド円も持っています (・・;)
専業ではなく、他に本業がある方ですが・・・
世の中にはすごい人がいるものですね  (゜o゜)

Tag:チャートレビュー  comment:4 

プロフィール

ニャオ

Author:ニャオ
地味なパート主婦でしたが、安倍政権と会社の戦略に巻き込まれて地域正社員になりました。
しっかり社畜の歯車に嵌めこまれた感満載ですが、凶と出るか吉と出るか。
FXの種銭稼ぎに頑張って働こうと思います。

諸事情あってFXを中断していましたが、2015年秋からトレード再スタートしました。
当初は、夫のぽてみちゅの考案した5分足の法則を使って、夫婦別々にトレードしていましたが、私だけうまくいかないのでやめて、現在は順張りトレンドフォローのライントレードをしています。
FXについては日々悩んでばかりです。

飼い猫(♂)のリィのエピソードも載せています。

ぽてみちゅ FX
SMAを使った 5分足の法則
5分足の法則 成績
2015年 元手6万円
2016年 元手3万円追加
2015年
09月 +1万8018円
10月 -6万4607円
11月   -5680円
12月   -5712円
2016年
01月 +4万4135円
02月 -7万5987円
03月 -3万5812円
成績不良によりこのルールは停止中。
夫は成績良好で継続中。
おススメ海外口座
圧倒的な資本力の会社      安心のゼロカットシステム
レバレッジ最大 888倍    入金ボーナスでトレードできる 紹介記事はこちら
ご注意
当ブログは個人の記録を主な目的としており特定のFX取引を推奨するものではありません。 取引は、十分な検証のもと、自己責任で行って下さい。当ブログの情報の利用について、管理人は一切の責任を負いません。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。