海外FXで ハイレバトレード

こんばんは。
日中暑くなってきまして、
エアコンのないパソコンルームでは記事の更新もしづらく、
夜になって涼風が立ってきてからになってしまいます。

2016 7 23 ドル円

最近のトレードは、資金不足もあって、
海外FXでの少資金ハイレバトレード専門です。

今月頭からGEM FOREX を使っています。

せっかくハイレバが使える海外FXという環境ですので、
資金は10万円未満の小額でありながら、
一度のエントリーは基本3万通貨にしています。

よっぽど動いていないか、様子見の時は1万通貨にします。
というか動きがないなと思ったらやりませんが。

夕方帰って来て、まず4時間足を見ます。
それは普段ブログに載せているような、シンプルなチャートです。
それから1時間足に切り替えて見まして・・・
それから5分足チャートを見ます。

5分足を画面いっぱいに拡大して、
その日の東京時間からの動きを確認して、
強いトレンドが出ているか?
夕方ロンドンタイムに入ってからはどうか?
をチェックします。

実際に見ているのは上の画像のサイズのローソク足ですが、

2016 7 23 ドル円2

全体像を見ている時はこれぐらいの感じで全部見えていると思ってください。
実際にはもうちょっと前まで見えます。

それで、今日は買いが強いとか売りが強いとか判断して
エントリーするんですが、
これはくるりさんに譲っていただいたチャートですが、
真ん中の水色のラインだけは、
夫の「5分足の法則」にのっとって、6SMAに変えてあります。
基本的には、SMAからの乖離のローソク足が出現した時(確定後)を
エントリーの基準にしています。
もちろん、買いか売りのどちらかだけです。

このチャートでは、中央の白線の移動平均線が基準になりますが、
個人的には、上から下に陰線が突き抜けた時の
下落が強いのではないかと考えています。

損小利大 とよく言われますが、
利益が出ていると、すぐ利確したくなりませんか?
少なくとも私はそうです。

ならば、さっさと利確してしまおうと私は思いました。
勝負かける時には倍の6万通貨にして、
20pipsでリミットを入れます。
(売りが強い時はもうちょっと幅を広げます。)
ドル円なんか、10銭で利確してしまいますね(^^;

その代わり、損切りも早いです。
ポンドで特に顕著ですが、動きが出はじめたら、
かなりの確率でそっちにわーっと行きますから、
あきらめてさっさと切っちゃいます。
両建ては絶対にしません
今年に入ってからですが、ナンピンも絶対にしません
(重ね買いや重ね売りはあり。)

今までは、損切りってかなり躊躇していたんですが・・・
今はバンバン切っています。
そしてドテンエントリーしたほうが、すぐに取り返せます。
3回連続して負けた時は、レンジ相場と判断して、トレードを中止します。

ガラケーと格安スマホの2台持ちスタイルでしたが、
もともと中古のスマホがいよいよダメになり、
ガラケーの2年縛りが8月いっぱいなので、
今は完全にガラケーのみの生活になりました。
なので、外出している時はいっさいチャートを見ることができなくなり、
私は 東京時間を捨てました。

これがかえって良かったのではないかなと思います。
夕方帰ってからに集中できて、仕事中ハラハラもなくなりました。

今は本当に小額トレードですけど、
目標金額まで到達したら、元金もろとも出金、
100パーセントボーナスがあるのを待って、元金をまた入金、
というスタイルでしばらくはいきたいと考えています。

そうするといつまでも複利で増やしていけなさそうですが、
今はマメに出金して、元手を守りながら少しづつでも増やしていくことに注力したいです。

リィ 2016 7 13

しばらくストレートジュースがなくなった時の写真です。
ねこって、なんでこんなややこしい場所にいたがるんでしょうか。

Tag:トレードルール  comment:6 

仕切り直し

リィ512

このところ成績が悪く、
ロット数を落としてトレードすることを検討しています。

くるりさんにメール相談してアドバイスもいただいて、
明日から色々と変えようと考えています。

詳しい内容は書けませんが、
ポンド円だけにこだわらずかなあ・・・と思っています。

そうそう頻繁にブログタイトルを変えられませんが、
また試行錯誤が続きます。

来週(明日から)はドル円メインにして、
LAND-FXのデモ口座でオセアニア通貨をしばらくやってみようと思います。

本番のドル円は5分足の法則でやって、
デモのほうは違う手法を試してみる予定です。

今個人的に資金繰りが苦しい状態で、
諸事情あって秋まではあまりトレードに回せるお金がないので、
しっかり勝てる技術を、秋までに身につけたいと思います。

Tag:トレードルール  comment:2 

5分足の法則  ぽてみちゅFX

移動平均線+トレンドラインを使ったトレードです。
ご興味のある方はお読みいただけましたら幸いです。

   この記事をアップした日の朝のポンド円 5分足チャート
5分足の法則

移動平均線はSMAを使っています。

水色=SMA
赤色=22SMA
緑色=90SMA

で入れていますが、実際に基準にするのは6SMAだけですので、
他はなくてもいいです。参考程度です。

このトレードが普遍性があるものであることを書きたいために、
今朝の市場終了時のほやほやのチャートをキャプチャしています。
いわゆる、うまくいったところだけを切り取ったものではありません。

トレンドラインは5分足に引いてもいいんですが、
私は日足や4時間足に引いています。
MT4で4時間足を1時間足に切り替えて見ると、
4時間のトレンドラインが反映されたものが見えますよね。

ルール

実体のある陽線のローソク足が、
6SMAの上に完全に乖離して出現したら 買い


実体のある陰線のローソク足が、
6SMAの下に完全に乖離して出現したら 売り


このツールですと、エントリーは簡単なんですが、決済が難しいです。
決済は、上位の時間足を見て裁量決済、または、
伸びきったと思った時に裁量決済になりますが、
一番わかりやすい方法としては、

エントリーしたのと反対のサインが出たら
利確または損切り。


という方法だと思います。

長い目で見て上昇(下降)と考えた時に、
具体的なエントリーポイントとして5分足を使っているだけですが、
5分足でエントリーしているのでスキャル的であるとも言えます。
ですが、数十分で決済してしまうこともありますし、
結果的に数時間ポジションを保有していることもあります。
実際私は、ロンドンタイムに流れを見てからその日の方針を決めています。

反対サインが出たら決済するのは確実な方法ですが、
スキャル感覚で利が薄いとも言えます。

私は片道だけで決済するようにしていますが、
ぽてみちゅ(夫)はよく両建てをしています。
ただ、両建ては外す時が非常に難しいので、上級者向けと思います。

このチャートでいきますと、
ローソク足の上にピンク色で数字が書かれているのが買いサインで、
ローソク足の下にグリーンで数字が書かれているのが売りサインです。

2と3の間の足のように、ローソク足の実体がなく、
十字になっているものはサインと見なしません。

また、3の右側や、4の例のように、
SMAからかろうじて離れているか?というサインは微妙 です。

あと、買い(売り)サインになりそう!と思っても、
フライングしないで、サインが確定してからエントリーするようにしています。
直前になってひっくり返ったり、十字になってしまったりすることもよくあるからです。

それから、当然のことながら、
一般的には、何回もサインが出たあとでは、
トレンドの終焉に近づいている可能性が高いです。

あと、雇用統計の時のような極端な動きの相場には通用しませんので、
ある程度動きが落ち着いて、サインが出るまで待ちます。

以前に初めてこのトレード手法について書いた記事のなかに、
具体的にエントリー判断をしている場面がありますので、
どんな感じかご覧になりたい方はどうぞ。
記事の前半部分は、この記事と同じことが書いてありますので、
真ん中から下あたりです。

なお、5分足の法則は、金やオイルなど、
コモデティにはイマイチ効きにくいということが判明していますので、
おススメしません。
あくまでも、FOREX、普通の通貨ペア向きです。

          *        *        *

↓   ↓   ↓  ここから宣伝です(^^;

ハイレバトレードには是非 安心ゼロカットシステムのXMを使ってくださいね^^
私もメインで使っている口座です。
すでに口座をお持ちで、セカンド、サード口座を開設したい方もよろしくお願いいたします。
(通貨ペアごとに口座を分けたい、指標時専用口座を作りたい、等。)

↓ こちらから口座開設していただきますと、
  報酬を うちのねこのエサ代にさせていただきます  m(_~_)m




XMはボーナスが貰えて、トレードに使えるのが最大の魅力です。

紹介記事はこちら。

また、5分足の法則トレードの成績は毎週アップしていきますので、
ご興味のある方はチェックなさってくださいね ('-^*)

Tag:トレードルール  comment:0 

あーでもない こーでもない

リィ463

こんばんは。

ねこって、なんでこんなに段ボールが好きなんでしょうね。
しかも、ただ箱に入るだけならいいんですけど、
噛みちぎるので、周りに惨状が広がります (;・∀・)

今日は買いサインが強く出ていますので、
ドル円、ポンド円ともにロング中です。

昨日は、寝るまでにカタがつかなかったので、
ポンド円にリミット・ストップ入れて寝たところ、
夜中に見たら建値決済されていました (||| ̄口 ̄)
わずかにリミットに届かなかったようです。

今朝夫に話したところ、

「ええっ!建値決済はダメだよ。
少しは利益が残るところに入れとかなきゃ。」


と、またツッコまれました。

「でも、損はしてないよ?」 と言いましたが無視されて、

「または寝る前に決済するか。」 と念押しされました。

ワカリマシタヨ ソウシマスヨ。

それにしても、日々注意する夫は勝っているんでしょうね?
負けてたら許しません。

Tag:トレードルール  comment:2 

欲との 闘い

リィ462

こんばんは。

18時過ぎにアセアセ帰って来て、
お茶を淹れてパソコンルームに行ってチャートを開くと、
リィに で~ん! とジャマされます。

昼間ずっとひとりぼっちにしておいて、
帰って来たくせにかまわないとは何事かといったところでしょうか。

ちなみにお茶やコーヒーを準備するのは必要なことです。
18時過ぎてすぐより、15分か20分になって、
流れを予測できるようになってからのほうがいいと思います。

     *      *      *

昨日は、ドル円&ポンド円ショートを、
建値にストップを置いて放置したんですが、
途中アメリカの指標の時に心配になってつい見てしまったら、
上昇してきていたのでポンド円を決済してしまいました。

ドル円に至っては建値ストップにかかって切れてしまいました。

夜、夫が、「下げてる、下げてる。」と言いながら帰って来たので、
「えー!!」と悔しくなりました。
下げサインが出てちゃんとやっぱり下げてきたのに・・・
そこでついもう1回エントリーしようとしたら、

「エントリーは1日1回なんでしょ?
 ここで入ったらポジポジ病と一緒だよ。」


と、思いっきりクギを刺されてしまいました (||| ̄口 ̄)

たしかにそうだなと思ったんですが、
そう言われた私の横で夫がポジションを入れるのを、
指をくわえて見てるって、一体何の罰ゲームなんでしょうか ( ;∀;)

利確が難しいという点ですが、夫の言う通り、

逆のサインが出たら利確する。
それ以上欲張らない。


というルールでいくことにしました。

相場の流れの読みさえ間違えなければ、
このサインはかなり良いと思いますので、
これでコツコツ利益を重ねて、徐々に枚数を増やしていけたらと思います。

あと、昨日ガッカリしたもうひとつの理由は、
ユーロドルで失敗したからです。
昨日一緒にユーロドルも5千通貨買ってみたんですが、
逆行しはじめたので損切りしました。

どうも昔からユーロドルは読みづらいし苦手です。
多通貨やればいいというものじゃなし、やっぱりユーロドルはやめておきます。

Tag:トレードルール  comment:4 

プロフィール

ニャオ

Author:ニャオ
地味なパート主婦でしたが、安倍政権と会社の戦略に巻き込まれて地域正社員になりました。
しっかり社畜の歯車に嵌めこまれた感満載ですが、凶と出るか吉と出るか。
FXの種銭稼ぎに頑張って働こうと思います。

諸事情あってFXを中断していましたが、2015年秋からトレード再スタートしました。
当初は、夫のぽてみちゅの考案した5分足の法則を使って、夫婦別々にトレードしていましたが、私だけうまくいかないのでやめて、現在は順張りトレンドフォローのライントレードをしています。
FXについては日々悩んでばかりです。

飼い猫(♂)のリィのエピソードも載せています。

ぽてみちゅ FX
SMAを使った 5分足の法則
5分足の法則 成績
2015年 元手6万円
2016年 元手3万円追加
2015年
09月 +1万8018円
10月 -6万4607円
11月   -5680円
12月   -5712円
2016年
01月 +4万4135円
02月 -7万5987円
03月 -3万5812円
成績不良によりこのルールは停止中。
夫は成績良好で継続中。
終了ブログ
終了していますが
参考になるブログです
管理人 旧ブログ
相場記事は古いですが、リィや北陸関係の記事がお読みになれます。
管理人 別ブログ(非FX)
ボヘミアンライフ

プライベートのことなど
お休み中ブログ
更新がないブログです
復活待ってます
おススメ海外口座
圧倒的な資本力の会社      安心のゼロカットシステム
レバレッジ最大 888倍    入金ボーナスでトレードできる 紹介記事はこちら
ご注意
当ブログは個人の記録を主な目的としており特定のFX取引を推奨するものではありません。 取引は、十分な検証のもと、自己責任で行って下さい。当ブログの情報の利用について、管理人は一切の責任を負いません。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: